観光スポット

Sightseeing spots

散田金谷古墳【国指定文化財】

散田金谷古墳は、能登半島の基部、子浦川と向瀬川の合流点の低台地上にあり、長径21m、短径18.5m、高さ3.5mの墳丘を有する円墳です。本古墳の築造年代は、武具、馬具、須恵器等の出土品から6世紀後半代と考えられています。全長10mという北陸地方では最大級に属する「横穴式石室」と、屋根に千木を載せた様な形状を持つ特異な形態の「家形石棺」を有している点で極めて重要な遺跡です。

【調査経緯】
・明治36年 発掘調査。昭和59年より史跡整備基本資料調査(発掘調査)
・昭和61年度~63年度 復元実施
・平成18年・19年度 一部解体修理

【ご注意】
史跡「散田金谷古墳」の石室は施錠してあるため、中には入れません。
屋外の電灯板のスイッチを押すと10分間室内照明が点灯いたします。
なお、石室を開場し内部の見学を希望する方は、あらかじめ町教育委員会までお問い合わせください。

住所/所在地 宝達志水町散田ナ107
連絡先 生涯学習課 文化財室
電話:0767-28-5180
FAX:0767-28-2483
駐車場 「古墳の湯」駐車場をご利用ください。