観光スポット

Sightseeing spots

岡野家のサルスベリ【町指定文化財】

胸高周囲 1.07m、1.04mの二幹からなり、樹高は約8.8m、推定樹齢300年以上、県内でも5指に入る大樹です。
夏期(7月~9月)の開花時には淡紅色の雲がたなびくようです。 
サルスベリは、中国では宮廷(紫微)に植えられていたため、紫微と呼ばれる。
日本にサルスベリが入ってきたのが江戸時代初期とされ、国内では寺社等の庭や庭園に植えられたものが多い。
本サルスベリは、岡野氏により神明神社に植樹(後年枯死)された折に自宅にも植えたものです。

【注意】個人宅敷地内にあり、見学には個人の了承を得てください。

サルスベリ 中国では宮廷(紫微)に植えられていたため、紫微と呼ばれる。日本にサルスベリが入ってきたのが江戸時代初期とされ、国内では寺社等の庭や庭園に植えられたものが多い。
住所/所在地 宝達志水町宿162
連絡先 生涯学習課 文化財室
TEL:0767-28-5180
FAX:0767-28-2483