農産物・特産品

Local specialty

ロール慶次

宝達高校の家庭部が考案したスイーツを、同店で製造・販売するというユニークな経緯をもつロールケーキ。地元の特産品を使って、宝達志水町の歴史を表現したお菓子として誕生しました。しっとりとしたスフレタイプのスポンジ生地に、抹茶で描いた牛模様は、同町にある末森城の合戦で活躍した前田慶次のカブキ者をイメージ。そのなかにある抹茶の葛餅、イチゴのゼリー、季節のフルーツを濃厚な生クリームで巻きあげています。抹茶の葛餅には宝達葛を使用。そのほか、スポンジにはいちじくジャムが塗ってあり、地元の特産物をうまく取り入れたスイーツになっています。このロールケーキは平成23年4月から発売され、今や同店の定番商品になっています。

※ネット販売有
※学校のイベント(年4回)では、特製ロール慶次が販売されます。(春にはピンク色のロールケーキなど)

概要

価格

1個320円(税込)

販売時期

通年

賞味期限

10日間

宝達高校家庭部×松月堂

宝達高校の家庭部では、平成22年度から町のふるさと振興事業の一貫として、地元の歴史にちなみ、地元の特産品を使った菓子作りに取り組んでいました。顧問の先生や同校OBのフランス料理シェフの実演指導を受け、生まれたのが「ロール慶次」です。試作ができ、それを販売する際に、同校から店が近いことに加え、ご主人が同校OBであることもあり、松月堂での販売に至りました。スイーツのコンセプト、レシピ、ネーミングはすべて高校生が考案。同店では、その製造・販売を請け負っています。

一覧へ戻る