農産物・特産品

Local specialty

紋平柿(もんベいがき)

江戸時代から伝承される宝達山のめぐみ

独自の脱渋方法によって、やさしくフルーティな味わいになった紋平柿は、これまで食べたことのない柿として、多くの人を魅了しています。私自身も、この味にひかれて、オーナーとなって紋平柿を栽培しています。市場にあまり流通しないものの、年々口コミで注文が増え、収穫時期には根強いファンから問い合わせがあります。ぜひ、一度ご賞味いただければ、紋平柿の魅力が分かっていただけると思います。お求めの際は、生産組合までお問い合わせください。

概要

栽培品種

紋平柿

出荷時期

11月10日頃~

生産背景

宝達山の麓、河原、山崎、東間地区などに自生する紋平柿を、各家庭でそれぞれ渋抜きを食べていました。「こんなに美味しい柿なのに、みんなの口に入らないのはもったいない」と町が紋平柿の魅力に着眼し、県や国に陳情したところ、平成元年に国の支援で山崎地区と東間地区に柿団地(柿畑)を造成。そこに紋平柿の木を植栽しました。同時に山崎生産組合が発足し、さまざまだった脱渋方法を統一し、商品化を目指しました。現在は約24ヘクタールの柿団地に、約500本の紋平柿を植栽。このように大規模な柿栽培を行うのは、全国でも稀。山崎の柿団地では、地元生産者の高齢化に伴い、オーナー制度を導入し、地元生産者に加え、約30人の個人生産者が栽培しています。

栽培の特徴

毎年11月上旬に収穫。その後、独自の脱渋作業が行われます。柿は、木から収穫した後もヘタから空気を吸うため、それを利用してアルコールをしみ込ませ、3日間25度の部屋に保管。その後、常温に約5日間保管し、アルコールをとばすことで渋みがとれ、濃厚な甘みの柿になります。長年培ってきたノウハウによって生み出されたこの脱渋は、一つひとつ全て手作業で行っているため、昔ながらの素朴で、やさしい味わいが今でも伝承されています。

一覧へ戻る