農産物・特産品

Local specialty

はとむぎ

6次産業を実現した新たな農産物

生産開始からの1年間で生産量が倍に増え、生産したはとむぎは加工し、その後、お茶などに製品化されて、町のスーパーに並んでいます。このようにはとむぎは、生産から加工・製品まで手掛ける6次産業の取り組みを実現した産物です。私たちが作ったはとむぎが、どんな製品に使われて、どんな特産物が生まれていくのか、私たちも楽しみにしています。

概要

栽培品種

あきしずく

出荷時期

10月中旬

生産商品
  • はと麦茶
  • ブレンド茶
  • はと麦焼酎
  • 化粧水 など

生産背景

富山県氷見市は、国内有数のはとむぎの産地。その指導のもと、JAアグリはくいでは、平成22年からはとむぎ栽培を行っていました。はとむぎはイネ科の植物で、水田での栽培に適していることから、転作作物として推奨し、翌年平成23年から一般農家でも栽培されるようになりました。現在9件の農家で栽培。新しい農産物のため、専用機械を保有していない農家に対しては、JAが作業をサポートして、生産量の拡大に努めています。国内で使用するはとむぎは、輸入品に頼っているのが現状。ですが、お茶ブームに加え、付加価値をつけた商品づくりによって、国産はとむぎの需要は高まりを見せています。

栽培の特徴

5月中旬に種を撒いたはとむぎは、収穫期の9月中旬には約1m80cmほどの大きさになります。そして、緑の葉の中にしいの実程度の大きさの茶色の実がつき、これがはとむぎです。刈り取られたはとむぎは、JAアグリはくいの施設で、乾燥・選別。その後、選別されたはとむぎは、皮をむいて、使用用途に合わせて加工されていきます。現在は生産量が少ないため、JAアグリ氷見と提携して商品づくりを行っています。

一覧へ戻る